お肌のUV対策は万全!という方でも、髪はUV対策をしていない方が多いのではないでしょうか。実は髪はお肌よりも多く紫外線を浴びています。髪もUVケアしましょう!

暖かくなるとともに紫外線量が一気に増える春。まだまだ肌寒い日もあるこのシーズンですが、紫外線の量は真夏とさほど変わりません。今回は、髪の日焼けとUV対策についてご紹介いたします。

続きを読む 

紫外線が髪に及ぼす悪影響とは?

肌や髪の日焼けの原因となるのは、太陽光線の一部である紫外線です。 太陽光線には、可視光線(目に見える光)と赤外線(暑さを感じる光)、X線、ガンマ線、そして紫外線があります。紫外線は、英語で「Ultraviolet」と表記するため、UVと略されます。

紫外線は、波長によってUV‐A波、UV‐B波、UV‐C波の3つに分けられます。このうち UV‐C 波は、オゾン層によって遮られているため、地上には届きません。私たちが通常「紫外線」「UV」と呼んでいるのは、UV‐A波とUV‐B波を指します。

UV‐B波はUV‐A波よりも波長が短く、エネルギーが強いので、肌が赤くなるなど日焼け(サンバーン)の原因となります。もう一方のUV‐A波は波長が長いため、エネルギーはUV‐B波ほど強くはありません。ただし、UV‐B波よりも多く地上に到達し、さらにはガラスなども透過して、体内の奥にまでじわじわと影響を与えることがわかっています。シミやシワの原因となります。

では、紫外線は髪にどんな悪影響を及ぼすのでしょうか。主に次の二つが問題になります。

紫外線の髪への悪影響

枝毛、切れ毛など
毛髪は主にタンパク質でできています。タンパク質というのは、アミノ酸のシステイン結合により構成されていますが、紫外線を受けることにより、この結合が分解してしまうのです。その結果、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥し、枝毛、切れ毛、裂け毛などのダメージヘアの原因となります。
褪色
紫外線は毛髪の内部にあるメラニン(毛髪を黒くしている色素)も分解してしまいます。これが毛髪の褪色で、赤茶っぽく、「焼けたような色」になってしまうのです。これらは「光老化」という老化現象です。光老化は、紫外線を浴びた時間や強さに比例して、顕著に現れると言われています。UV対策を怠ると、髪はパサパサになり、老けて見られてしまうことも!!

髪もしっかりUV対策しましょう

紫外線から髪を守るには、毎日のヘアケアにUVカット効果のあるヘアトリートメントやヘアスプレーをプラスしましょう。髪や頭皮もお肌と同じように日焼け止めは欠かせません。さらにヘアトリートメント成分の入っているものなら紫外線からのダメージを紫外線から髪を守りながらトリートメント効果でツヤ髪に!オススメはTAMARISの「カラーケアUV」。髪にも肌にも使えるハイブリッドタイプなので分け目の地肌の日焼け止めとしても安心して使える一石二鳥のアイテムです。

また「ヘアマニキュア」によるUV対策も効果的です。ヘアマニキュアには髪の表面をコーティングする働きがあり、紫外線からも髪を保護してくれます。透明の「クリアマニキュア」ならばカラーリングをしたくない方でもOK。しっかりカラーを楽しみたい方もマニキュアと併用する事でダメージはかなり防げます。ヘアトリートメントも一緒にすると、髪の毛を保湿し強くすることで効果は更に高くなりますのでオススメです。特別なヘアマニキュアなので、施術後にカラーの色が入らなくこともないのでご安心ください。

サロンでのヘアマニキュア&日常ケア用の日焼け止めトリートメント、ぜひお試しください。

サービスメニューはこちら 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone