普通のヘアカラーと白髪染めの違い

「白髪染め」というと特別なもののように聞こえますが、実は普通のヘアカラーも白髪染めもヘアカラーの一種。主な成分や原理は一緒です。違うのは配合バランス。黒髪・白髪それぞれの特徴や髪の明るさに合わせて、キレイに染まるように調整されているのです。

いつの間にか白髪が目立ってきたけれど、ヘアカラーを変えたほうがいいの?そんな方のために普通のヘアカラーと白髪染めの違いを詳しくご説明します。

髪の毛のしくみ〜黒髪と白髪の違い

そもそも、黒髪と白髪では何が異なるのでしょうか?

髪の毛はその成分の90%がケラチンというタンパク質で、残りは水分などです。髪の毛は三つの層からなっていて、一番外側は堅くてウロコ状をした「キューティクル」です。その内側は「コルテックス」といわれ、水を含み色素のメラニンが粒状になって存在します。髪の毛の一番中心は「メデュラ」で、少量のメラニンや空気を含んでいます。

髪の毛の色はコルテックスの中のメラニン色素の種類と量によって決まります。黒髪は赤褐色の「ユウメラニン」が多く含まれるため黒く見え、メラニンがほとんどない白髪は白く見えます。皮膚も同じで、メラニンの量が多いと色黒に、少ないと色白になります。

メラニンは皮膚の奥深くにあるメラノサイトで作られます。若いときにはメラノサイトがメラニンを多く作って供給するので髪の毛は黒いのですが、年齢を重ねるとメラノサイトの機能が低下してメラニンの生成が少なくなるため、髪の毛は灰色そして白色になっていきます。

毛髪のメラニンには、単に色が含まれているだけでなく、金属が多く含まれていて、ヘアカラーを染まりやすくする作用を持つことが明らかになっています。黒髪と白髪は、染める前の色が違うということに加えて、ヘアカラーの染まりやすさも違うということになります。

ヘアカラーの脱色&染色メカニズム

黒髪用も白髪用も、ヘアカラーは酸化染料とアルカリ剤を配合した「1剤」と酸化剤の「2剤」を直前に混ぜて使うものが一般的です。1剤と2剤を混ぜる手間を省いたヘアカラー製品もありますが、基本的な成分や仕組みは同じです。

1剤の主な成分は「酸化染料」と「アルカリ剤」で、一般的に「酸化染料」にはジアミンという化学染料が、「アルカリ剤」にはアンモニアが含まれています。2剤の「酸化剤」には過酸化水素が使われています。

アルカリ剤は、髪の表面を守っているキューティクルを一時的に開いて、色の成分を髪の内部へ染み込ませる作用を果たします。また、酸化剤の過酸化水素を分解して酸素を発生させます。発生した酸素はメラニン色素を分解して脱色させ、同時に酸化染料の分子を結合させて発色させます。

酸化染料は、酸素に触れていない時は無色ですが、酸化反応で発色するので酸化染料と呼ばれています。発色した酸化染料の分子はくっつき合って元の分子よりも大きくなるため、キューティクルの間から染料が逃げなくなります。これにより髪の内部に色が定着し続けることになります。

ヘアカラーのプロセス

  1. 1剤と2剤の混合液を髪に塗布する
  2. アルカリ剤が閉じていたキューティクルを開き、混合液を髪の内部まで浸透させる
  3. 酸化剤とアルカリ剤の化学反応で発生した酸素が、メラニン色素を脱色し、酸化染料を発色させる
  4. 酸化染料の分子同士が結合し、キューティクルのすき間から出られなくなって髪の内部に色が定着する

おしゃれ染めと白髪染めの比較

それでは普通のヘアカラーと白髪染めは何が違うのでしょうか?アルカリ剤でキューティクルを開き、髪を脱色してから染色する基本的なメカニズムは同じです。大きく違うのは「ブリーチ力」と「染毛力」のバランスです。髪を脱色する度合いが異なり、染料で染め上げる程度も異なるというわけです。

黒髪用の通常のヘアカラーは、メラニン色素のある髪を明るい色に染めることを目的に作られています。このため、色を抜くための「ブリーチ力」が高く、色を着けるための「染毛力」が低いのが特徴です。染毛力が低いので、メラニン色素のない白髪を染めることは苦手です。

一方、白髪染めは、黒髪用のヘアカラーに比べて染料の含有量が多く「染毛力」が高いのが特徴です。仕上がりを明るくしたいか暗くしたいかによって「ブリーチ力」は異なります。白髪染めは、黒髪と白髪の色味を合わせるような色作りがされていて、染まりやすい黒髪も染まりにくい白髪も、きれいに染めることができるのです。

ヘアカラーで明るくした黒髪をトーンダウンさせる「髪色戻し」でも、高い染毛力で黒髪と白髪の両方を染められますが、白髪染めのほうが黒髪と白髪の混ざった状態もキレイに染められるように成分が調整されています。

黒髪用の通常のヘアカラーと髪色戻しは「おしゃれ染め」または「ファッションカラー」、白髪用のヘアカラーは総称して「白髪染め」または「グレイカラー」と呼ばれています。

おしゃれ染めの特徴

通常のヘアカラー
ブリーチ力 高 + 染毛力 
白髪はきれいに染まらない
髪色戻し
ブリーチ力  + 染毛力 高
白髪、黒髪いずれも暗めに染まる

白髪染めの特徴

明るい白髪染め
ブリーチ力 高 + 染毛力 高
白髪、黒髪いずれも明るく染まる
暗い白髪染め
ブリーチ力  + 染毛力 高
白髪、黒髪いずれも暗めに染まる

どちらのヘアカラーで染めるべき?

白髪染め用の薬剤を使うか、おしゃれ染め用の薬剤を使うか、判断のポイントとなるのは、①白髪の量(割合)、②白髪の生えている場所、③ご希望の色(明るさ)、の3つです。

美容室では、明らかに白髪のほうが多い場合には白髪染め用の薬剤を用いることが多いのですが、それ以外は①②③を考慮しながらケースバイケースで判断します。

ある程度の白髪があっても、目立たない場所に生えている場合や明るい色を希望される場合には、おしゃれ染めをご提案することもありますし、白髪が少量でも、しっかり染めたい(隠したい)という場合には、確実に染まる白髪染め用の薬剤を使うこともあります。また、必要に応じて、白髪染めとおしゃれ染めを調合したり、塗る工程を変えたり、ハイライトやローライトを活用したりします。

一番大切なのは薬剤の種類ではなく「どんな仕上がりにしたいか」ということです。まずは仕上がりのイメージをじっくりご相談いただき、薬剤の選択についてはプロの美容師にお任せください。お客様のご希望に合わせて、お一人おひとりに最適な色や染め方をご提案させていただきます。

昔の白髪染めは黒いものが多かったのですが、最近では明るい色から落ち着いた色までバリエーションも豊富になり、おしゃれ染めと白髪染めの境目もあまりなくなってきています。白髪一本でも気になる方は、薬剤についてはあまり気にせずに、ぜひお気軽にご相談ください。

ヘアカラーメニューの詳細はこちら 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone