かぶれにくい!ノンジアミンカラー

ジアミンアレルギーでヘアカラーを諦めていませんか? ヘアカラーはかぶれてしまうという方にお試しいただきたいのが、ジアミン不使用の「ノンジアミンカラー」。ジアミンフリーでありながら黒髪のカラーも白髪染めも一回の施術で染色できる特別なカラーリングです。

最近のNBBAの調査では、女性の60%、男性の10%超がヘアカラーリングをしているそうです。サロンでも多くのお客様が施術されますが、残念ながら、中にはアレルギーのため、ヘアカラーリング剤でかぶれてしまう方もいらっしゃいます。かぶれの多くはジアミン系の染料が原因です。

今回は、ヘアカラーのかぶれの原因とかぶれが起きるカラーリング剤の種類、ジアミン不使用でジアミンアレルギーでもかぶれないノンジアミンのヘアカラー「ノンジアミンカラー」について詳しくご説明します。

ヘアカラー・ノンジアミンカラー・デザインカラー

ヘアカラーのかぶれの原因とは?

ヘアカラーリング時に起きる「かぶれ」の原因は何でしょうか? かぶれまではなくても、カラーは「しみる」「刺激が痛い」という方もいらっしゃると思います。カラー剤に含まれる「過酸化水素」や「アルカリ剤」その他の原因でかぶれたり、しみたりすることもありますが、多くの場合は「酸化染料」と呼ばれる染料に含まれる「ジアミン」成分がアレルギー症状の原因です。

酸化染料は、酸化反応で発色する染料です。酸素に触れていない時は無色で、その染色過程から「酸化」染料と呼ばれています。発色した酸化染料の分子には、くっつき合って元の分子よりも大きくなるという特性があり、大きくなった染料はキューティクルの間から逃げられなくなるため、髪の内部にしっかりと色が定着します。

染毛力・定着力が高いという、ヘアカラーリング剤の染料としては優れた特性を持つ酸化染料ですが、残念なことに「パラフェニレンジアミン」や「パラトルエンジアミン」などの「ジアミン」成分が、体質や体調によってアレルギー反応を引き起こすことがあります。これまでに何回もヘアカラーを使用してかぶれなかった方も油断はできません。ある日突然アレルギー症状が出ることもあるのです。

一度ジアミンアレルギーと診断されてしまうと、酸化染料(ジアミン系染料)が入ったヘアカラーリング剤を使うことはできなくなります。

ヘアカラーリング剤の種類・・・かぶれるカラー剤とは?

かぶれの原因になることのある「酸化染料」ですが、全てのカラーリング剤に含まれている訳ではありません。薬事法上の分類にしたがって「医薬部外品」「化粧品」それぞれのカテゴリーのヘアカラーリング剤の種類と特徴を詳しく見てみましょう。

現在、最も広く使用されているのは、医薬部外品の「ヘアカラー(酸化染毛剤)」で、一度染まると数ヶ月色が持つ優れた染色力が特徴です。黒髪を明るくすることもでき、白髪染めから明るい髪色へのチェンジまで幅広く使用されています。色のバリエーションも多く、カラーリング剤として優れた働きを持つものの、酸化染料(ジアミン系染料)が含まれているのでジアミンアレルギーの方には使用できません。

化粧品分類には「ヘアマニキュア」や「カラートリートメント」などが含まれます。染色力は酸化染毛剤に及びませんが、酸化染料(ジアミン系染料)が含まれない、髪が傷みにくい、などの理由で利用されています。特に、自宅で手軽に染められるカラートリートメントは最近注目を浴びていますが、1回で染まらない、色が落ちやすい、色味が限定される、黒髪を明るくすることはできない、などのデメリットもあります。

医薬部外品および化粧品ヘアカラーリング剤の主な種類と特色をまとめると以下のようになります。

医薬部外品ヘアカラーリング剤

ヘアカラー(酸化染毛剤)
一般的に「ヘアカラー」というと酸化染毛剤のことを指します。ヘアダイ、おしゃれ染め、白髪染め、などとも呼ばれています。過酸化水素で髪のメラニン色素を酸化分解・脱色しながら「酸化染料」で染めるので、黒髪も明るくでき、白髪交じりの髪もキレイにそろえて染められます。発色がきれいで色の定着がよく、一度染まると2~3ヶ月と長期的に色が持ちますが、酸化染料(ジアミン系染料)がかぶれの原因になることがあります。
おはぐろ式カラー(非酸化染毛剤)
髪の内側で鉄イオンと多価フェノールが反応して黒く発色します。酸化染料は含まれていませんのでジアミンアレルギーの方でも使えますが、黒色系にしか発色しない、黒髪を明るくできない、パーマとの相性が悪いなどの理由から近年はあまり製品化されていません。
ブリーチ(脱色剤、脱染剤)
ヘアライトナーとも呼ばれ、黒髪の脱色や、一度ヘアカラー剤で染めた髪の脱染に使われます。過酸化水素が髪の内部の色素を酸化分解・脱色して髪色を明るくします。酸化染料・その他染料は含まれていませんので、単に髪の色を「抜く」だけで、髪を「染める」ことはできません。

化粧品ヘアカラーリング剤

ヘアマニキュア(酸性染毛料)
タール系の酸性染料がイオン結合により髪の表面とやや内側に着色します。浸透剤としてベンジルアルコールやエタノール等が使われています。1回の使用で染毛が可能で、色持ちは3~4週間程度、シャンプー等で徐々に色落ちします。酸化染料不使用(ジアミンフリー)でジアミンアレルギーの方でも使用できますが、地肌につくと色が取れないため、根元を少し空けて染める必要があります。脱色成分は含まれておらず黒髪を明るくすることはできません。
カラートリートメント、カラーリンス
トリートメントやリンスをベースにHC染料や塩基性染料を配合した製品です。HC染料の分子は小さく、髪の内部に浸透しやすく流れやすいという特徴があります。塩基性染料はイオン結合によって髪の表面に着色します。繰り返しの使用で徐々に髪を染め、色持ちは1〜2週間程度、シャンプー等で徐々に色落ちします。脱色成分は含まれておらず黒髪を明るくすることはできませんが、酸化染料不使用(ジアミンフリー)で、地肌についてもすぐに洗い流せば落ちます。
ヘナ、インディゴなどの天然系カラー
ヘナはオレンジ、インディゴはブルーに発色する天然染料を含んでいます。これらの植物のパウダーを水に溶いてペースト状にしたものを髪に塗って染めます。天然染料だけでは色のバリエーションが少ないため、HC染料や塩基性染料、さらには酸化染料を混ぜた製品もあり、ジアミンアレルギーの方は配合成分に注意が必要です。ブリーチ作用はなく、黒髪を明るくすることはできません。
ヘアカラースプレー、ヘアマスカラ等
顔料などの着色剤が樹脂の力で髪の表面を覆うことで着色します。1回~数回のシャンプーで落ち、一時的に着色したい場合に使います。酸化染料は含まれませんが、汗や雨などで簡単に色落ちします。
銀塩カラー
硫酸銀等の銀塩(銀イオン)が配合された光で発色する製品。ヘアクリームタイプが多く、繰り返しの使用で徐々にブラウン系の色に染まります。酸化染料は含まれていませんのでジアミンアレルギーの方でも使えますが、過酸化水素を使ったヘアカラーやブリーチで緑に変色するので注意が必要です。

ノンジアミンカラーとは?

ジアミンかぶれでヘアカラーをあきらめている方に、ぜひお試しいただきたいのが「ノンジアミンカラー」。ノンジアミンカラーとは、酸化染料不使用(=ジアミン不使用)のカラー剤を使用した「ノンジアミン」の特別なヘアカラーリングです。ジアミンフリーなので、ジアミンかぶれで普通のヘアカラーが出来ない方でも安心して染められます。

「化粧品」に分類される薬剤が穏やかに作用するため刺激が少なく、頭皮に「しみないカラー」をお探しの方にもおすすめです。ヘアマニキュアと異なり、頭皮に薬液がついても取れなくなる心配がないため、白髪も根元からしっかり染められるのもメリット。髪へのダメージも少なく、カラーと同時にパーマが出来るのも特徴です。

ノンジアミンカラーに使われている染料は、カラートリートメントと同じ「HC染料」や「塩基性染料」などのノンジアミン染料ですが、染料濃度を調整することで、染まりにくい白髪も1回の施術で染色できるようになりました。また、配合されているシスティンの働きが色素の定着力をアップさせ、カラートリートメントより長期間の色持ちを可能にしています。

ただ染めるだけでなく、色も楽しみたいというご希望もお任せください。ノンジアミンカラーには、アッシュなどの寒色系の色からピンクなどの暖色系の色まで、色の種類も揃っています。さらに、専用ライトナーやブリーチを使えば明るい色も表現できます。白髪染めだけでなく、黒髪のおしゃれ染めにも対応可能です。

ジアミンアレルギーの方には嬉しいジアミンフリーのノンジアミンカラーですが、酸化染料を使った通常のヘアカラーの方が、色のバリエーションが多かったり、色持ちが良かったりというメリットもあります。ノンジアミンカラーのメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

ノンジアミンカラーのメリット

  • ジアミンフリーでジアミンかぶれがない
  • 根元から染色できる(頭皮についても取れる)
  • 染めにくい白髪も一回の施術で染色
  • 低アルカリで頭皮への刺激がほとんどない
  • 薬剤のツンとくる嫌な臭いがない
  • 髪のボリューム自由自在/髪のうねりも緩和
  • トリートメント成分で髪のツヤ感アップ
  • 専用ライトナーとのダブル施術で黒髪も明るい色に染められる
  • 寒色系から暖色系までの色バリエーション

ノンジアミンカラーのデメリット

  • 通常のヘアカラーに比べると色のバリエーションが少ない
  • 通常のヘアカラーに比べると色持ちの期間が短い
  • 白髪に明るい色を使うと色が透けることがある
  • 髪質によって一回の施術では白髪が十分に染まらないことがある

Agnos青山のノンジアミンカラー

ノンジアミンカラーは、普通のヘアカラーと薬剤の性質や染まり方が異なるため、綺麗に染めるには十分な知識と経験が必要です。Agnos 青山では、アレルギー対応はもちろん、より綺麗に、より扱いやすい髪を目指して、豊富な知識と経験を持ったスタイリストが責任を持って対応いたします。

ノンジアミンカラーには、頭皮と髪に優しいという利点の反面、色が少ないなどの制約もあります。現時点でジアミンアレルギーのない方には、頭皮への影響やご希望のスタイルをご相談しながら、ノンジアミンカラー以外のオプションも含め、最適な薬剤・施術方法を選定させていただいています。

Agnos 青山では、「ノンジアミンカラー」(ジアミンフリー)に加えて、香草で染める「ボタニカル香草カラー」(過酸化水素フリー)、髪を保護する「ヘアマニキュア」(ジアミン・過酸化水素・アルカリ剤フリー)、高級天然ヘナを使用した「ヘナトリートメントカラー」など、豊富なヘアカラーメニューを取り揃えております。ジアミン以外の成分にかぶれてしまう方にも最適な方法をお探しいたします。

カウンセリング、パッチテストだけでも大歓迎です。美容室・美容院での「かぶれない」「しみない」カラーをお探しの方に、頭皮と髪に優しいカラーリング方法をご提案いたします。かぶれでカラーリングを諦めていた方もぜひ一度ご相談ください。ジアミンはもちろん、ジアミン以外のアレルギーについてもお気軽にお問い合わせください。ご来店お待ちしております。

ご予約はこちら 

ノンジアミンカラー(90min)¥9,000+tax〜(シャンプー&ブロー込み)
ジアミンかぶれでカラーが出来ない方でも染められるノンジアミンの特別なカラーリング。酸化染料不使用(ジアミンフリー)のカラー剤を使用しています。普通の髪だけでなく白髪染めも一回の施術で染色できます。カウンセリングとパッチテストは無料です。
ヘアカラーメニューの詳細・価格はこちら 
ノンジアミンカラー施術上の注意点
  • 全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません
  • ジアミン以外の成分でもアレルギーが起きる可能性がありますので、アレルギー体質の方には、髪を染める2日前 (48時間前)にパッチテスト(皮膚アレルギー試験)をお願いしています。日程には余裕を持ってご相談ください
  • パッチテストでは、腕の内側にテスト液を塗布し、48時間経過しても異常がないことを確認します。ヘアカラーリングによるアレルギーは、数分から数時間後に発症することもありますが、24時間以降に強く発症する例が一般的です
  • 現時点でヘアカラーリングによるアレルギー症状が出ている方の他、皮膚に何らかの異常がある方には施術をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください

関連投稿

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone