メイクのコツ 「鏡の使い方」

鏡の使い方

みんさんご機嫌いかがでしょうか。

今年も残すところあと一ヶ月を切り人も街も年末ムード!

お酒の飲み過ぎには気をつけようと思っている一本木です。

 

前回に続きメイクのお話になるのですが、化粧品の扱い方には

『量×面積×圧力』

の関係があるとお伝えしました。

今回は『鏡の使い方』についてお話したいと思います。

 

毎日鏡に覗き込んでいる自分の顔…

自分の顔をちゃんとわかっていますか?

自分の顔を正しく知るともっと自分らしさを表現できるんですよ!

 

それはとっても簡単で鏡で自分の真横の顔を見るだけです。

鏡を動かさないように真正面に置き、そして自分の横顔が見える限界まで横を向くのです。

たったソレだけで他人から見た自分を知ることができます。

 

要は自分の顔を客観視すること。

 

鏡の使い方にはもう一つあります。

「近い鏡」と「遠い鏡」

メイクはより自分を魅力的にする手段です。

遠くからでも近くからでも綺麗な方がよくありませんか?

なので、近い鏡で綺麗なグラデーションのアイシャドーやラインを描き、遠い鏡でメイクのバランスや範囲・発色を確認します。

そして、メイクに迷ったらすぐに遠い鏡で顔を確認しましょう。

遠くの鏡は顔全体のバランスをちゃんと教えてくれます。

「迷ったら遠い鏡」

これ忘れないでくださいね。

絶対に綺麗になりますから!安心してください!笑

 

メイクが苦手、よく分からない、もっと綺麗になりたい方は一本木式のメイクレッスンをご用意しており、そちらでマンツーマンレッスンをお受けしています。

一本木式メイクレッスン

1レッスン90分¥12,000+tax

各パーツごとのレッスンも可能ですが、総合的にレベルをあげる5回コースがお勧めです。(一括でお支払いいただくと4回分の料金でお受けできます。5回コース¥60,000+tax→¥48,000+tax

1・メイクの基本の話(顔の感じ方、鏡の使い方、化粧品の扱い方)

2・ファンデーション

3・眉毛

4・アイメイク

5・チーク・リップ

メイク道具を使いこなすプロのテクニックをお伝え致します。

お問い合わせ  0354693344  nobuyoshi@agnos.jp

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone