【まずは見て下さい!】バッサリカットで決まる!ショートスタイルでスッキリ小顔に! 野波格

こんにちわアグノス青山【野波格】です。

今回は【ショートヘアー】について書いていきたいと思います。

【ショートヘアー】のスタイルは、お客様の【髪質・髪のクセ・生え癖】など

がそのまま出てきてしまうので、そのスタイリストの技量が大きく問われる技術になっています。

僕のお客様はショートスタイルの方が多く、しっかりと1人1人の髪質・髪の状態を見極めながらしっかりとカットさせて頂いてます。

では今回のお客様です。

ビフォア

【現状】

・ショートヘアーが伸びて肩についてはねてしまう。

・ボリュームが下に溜まってしまい少しやぼったい印象に・・・。

・毛量が増えてしまい自分で扱いにくくいつも結んでしまっている。

色々カウンセリングさせて頂いて、おおまかに今の問題点はこんな所でしょうか?

【希望としては】

・えりあしはすっきりとさせて出来るだけ短くしたい

・自分でも扱えるショートヘアーにしたい

・毛量がとにかく多いので出来るだけ少なくしてほしい

・耳にかけたりもしたいので、耳かけが出来る長さは残してほしい

カウンセリングで引き出したなりたい要望のポイントはしっかりとおさえながら施術していきましょう!

ではカットスタートです!!

 

まずはえりあしの長さと毛量をしっかりととる

 

ビフォアでもあったように後ろの【長さ】と【毛量】がとても多かったのでそこをしっかりとカットしていきます!

僕が考える綺麗なショートスタイルのポイントの1つはまず後ろからのシルエットです!

横から見たとき、後ろから見たときのシルエットが綺麗じゃないとショートのスタイルとしては完成していないと考えています。

 

 

少しずつ【長さ】と【毛量】が減ってきていますね。

今カットしている部分は髪の量や、後頭部の幅、髪のクセ、やりたいスタイルなど人によって違うので、1人1人に合わせて毎回カットをしています。

後頭部のボリュームや襟足のおさまりはここで全て決まります!

続いては横からの【シルエット】を作る部分をカットしていきます!

 

 

先ほど後頭部の部分をカットしていきましたが、すでに濡れている状態でも丸みが自然についているのが分かりますね。

【ショートヘアー】に大切なものとしてもう1つ重要視していることが【再現性】です。

ショートヘアーをカットする場合は【手で乾かすだけで形になる】そんなカットをいつも目指しています。

この状態で丸みがない場合は手で乾かしてもなかなか形にならないことが多いのではないでしょうか?(もちろん髪質は千差万別なので一概には言えませんが)

カットはウエット状態で8割ほど切ってしまいます。

残りの2割は乾かしてから細かい最終調節をしていきます。

では【手で乾かしただけ】の仕上がりをご覧下さい!

 

【仕上がり】

どうでしょうか??

良く雑誌とかヘアースタイルサイトで見るショートヘアーのシルエットではないでしょうか??

 

手で乾かしただけの仕上がりです。ブラシでブローなどもしていないのでお家でご自分で再現も簡単に出来るのではないでしょうか?

スタイリング剤ワックス等をつければもっと毛先に束感ができてカジュアルな感じにもすることが出来ます。

耳にかけれる長さもしっかりと残してあるのでピアス・イヤリングなど小物をつけてオシャレを楽しむのもいいですよね。

 

 

左側のビフォアと右側のアフターを見比べて頂くと違いが分かりやすいですね。

おさらいとして

・ショートヘアーに大切な【シルエット】

・えりあしを短くしてスッキリと

・手で乾かすだけで決まる【再現性】

今回はショートヘアーを載せていきました、ショートヘアーは本当に難しいカットだと思いますが、その分スタイリストのカットの違いが分かる腕の見せ所でもあると思います。

今までショートヘアーにしたことのない人や、ショートヘアーの経験がある人

カットしたら違いがわかりますよ。

気になったら1度足を運んでみて下さい!

絶対に可愛くしますから☆

 

アグノス青山【野波格】

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone