【艶髪マスターHIROKI】 #4 デザインカラーの色々。インナーカラー編

こんにちは!Agnos青山の艶髪マスターHIROKIです。

デザインカラー解説3日目の今日は【インナーカラー】です。髪の内側だけ違う色に染めるインナーカラーは明るくする場合も内側だけなので表面の髪の毛への負担は少なくなります。髪の毛を傷ませたくないけどおしゃれがしたい!そんな方にもおすすめです!

 

インナーカラーとは??

インナーカラーとは、内側の髪の毛だけを違う色にして表面の色と差を出すカラーです。ストレートに下ろした状態ではあまり表面には出てきませんが、髪を巻いたり、搔き上げたりしたときに、内側の色をチラ見せできます。髪をまとめたり耳にかけたりすると、インナーカラーがしっかり出てオシャレ度がさらにアップ。ピンで留めてインナーカラーを目立たせたスタイルもおすすめです。

ピンクやシルバーなどの原色に挑戦したい方は、まずインナーカラーで挑戦してみてはいかがでしょう?派手過ぎないさり気ないおしゃれを楽しめます。表面のベースカラーをナチュラルなブラウンにしておけば、内側は明るめなカラーをしてもそこまで目立ちません。ちょっとだけいつもと違うカラーをしたいなと思ってる方にもおすすめです。

 

インナーカラーの施術例

シルバーアッシュのインナーカラー。一度ブリーチでトーンアップして、その上にシルバーアッシュをかぶせました。

 

 

ビビットパープルインナーカラー

トップはアッシュ系カラー。中に鮮やかなパープルを。ビビットなカラーもインナーカラーにすればナチュラルに色味を楽しめます。

 

ブリーチを活かしたブロンド系インナーカラー。

ハイトーンカラーをよりデザイン的に表現したインナーカラー。通常のハイトーンカラーに飽きてしまった方におすすめ。

3回にわたって紹介してきたデザインカラーシリーズ。

挑戦してみたいカラーがあればご相談ください。カウンセリングのみでもお気軽にどうぞ。

HIROKI

HIROKIのInstagramはこちら

HIROKIのFacebookはこちら

美容サロンマガジン「マカロン」で紹介されました

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone