必見☆なぜ低温デジタルパーマが一番オススメなのか?

今日は、朝のスタイリングが楽になる
【低温デジタルパーマ】についてお話いたします。

パーマの種類は大きく分けると2種類

コールドパーマ
デジタルパーマ

に分かれます!

スタイリングの仕方や、仕上がりのウェーブの質感なども異なります!

◯コールドパーマは、薬剤が液体でかけていくものなので、
【濡れている時が一番カールが強く出ます】
スタイリングの時は、ムースなどをつけて揉みこむことで
カールを出していきます。

◯デジタルパーマは、熱の力によって形状記憶してかけていくものなので
【ドライヤーの熱など乾かすことによって、カールが強く出ます】
スタイリングの時はクルクルと、ねじりながら乾かすことによってカールが出てくるので
クリームタイプやオイル系のものをつけて、ツヤを出して仕上げていきます。

求めているヘアスタイル、スタイリングや仕上がりの質感で
どちらが自分に合うかしっかりカウンセリングして決めていきます。

そんな中でオススメなのが、【低温デジタルパーマ】です。
デジタルパーマの中の種類の一つになります。

アグノスでは【デジキュア】という低温デジタルパーマを使っています。

なぜ一番オススメなのか、、、?

1 毛髪のダメージの原因となるアルカリ成分が0!
通常のパーマと使っている薬剤が違います。
9割がトリートメント成分、髪の形状を変える還元剤を使っているので、アルカリ0でもかかります。

2 肌にも優しい弱酸性
肌が弱い方にも安心して施術が可能です。

3 低温処理
乾かしてから形作る高温デジタルパーマに対して
デジキュア(低温デジタルパーマ)は完全に乾かす前に濡れているままロッドを巻いて
蒸した状態で形状記憶させます。

従来のデジタルパーマが70~90度で完全に乾かして加温していくことに比べると
デジキュアでは50度~で、なおかつ濡れている状態で加温して作用していくので
髪への負担も◎

4 時間が短かい
デジキュアは、薬剤をつけて、そのまま加温→そのまま2液塗布できるので、
通常のデジタルパーマより1時間強、かなり時短で出来ます。
通常のパーマと同じか、少し短かくもなるので、
忙しく働く方にもオススメです。

髪質によってかかりにくい可能性もありますので、
しっかりカウンセリングをして決めていけたらと思います。

是非一度お試しください。

青木