カラーによるかぶれの原因とは?ノンジアミンカラーで解決!

こんにちは、スタイリストの宮崎陽平です!

カラーをやることに頭皮への影響など、多少の不安もあるかもしれません。

そこで、少し専門的ですがカラー時に起こる「かぶれ」の原因について少しお話ししたいと思います。

かぶれまではなくても、カラーは「しみる」「刺激が痛い」という方もいらっしゃると思います。

カラー剤に含まれる「過酸化水素」や「アルカリ剤」その他の原因でかぶれたり、しみ

たりすることもありますが、多くの場合は「酸化染料」と呼ばれる染料に含まれる「ジ

アミン」成分がアレルギー症状の原因となる場合が多いです。

施術時にある「しみる」「痛い」など、その場で起こる刺激はカラー剤の反応で端的に

起こるものの可能性が高く、翌日または数日経って起こる反応は、アレルギーによる可

能性が高くなります。

酸化染料は、酸化反応で発色する染料(色)のことです。

酸素に触れていない時は無色で、その染色過程から「酸化」染料と呼ばれています。

発色した酸化染料の分子には、くっつき合って元の分子よりも大きくなるという特性があり、

大きくなった染料はキューティクルの間から逃げられなくなるため、髪の内部にしっかりと色が定着します。

染毛力・定着力が高いという、ヘアカラーリング剤の染料としては優れた特性を持つ酸

化染料ですが、残念なことに「パラフェニレンジアミン」や「パラトルエンジアミン」

などの「ジアミン」成分が、体質や体調によってアレルギー反応を引き起こすことがあります。

これまでに何回もヘアカラーをしている方でも、突発的にアレルギー反応が出てしまう可能性はあります。

一度ジアミンアレルギーと診断されてしまうと、酸化染料(ジアミン系染料)が入った

ヘアカラーリング剤を使うことはできなくなります。

少しでも普段と違う反応(痛み・かゆみなど)が出た場合は、十分注意してください。

前回僕のブログでも書いたパッチテストで診断するか、確実に自分が何でアレルギー反

応を起こしているのか知りたい方は、専門医に相談・診断することをおすすめいたします。

疑問点や不安などがある方は、まずはご相談ください。

Agnos青山副店長 宮崎陽平